欅坂46・日向坂46メッセージ 個人的レビュー ~欅坂編~

スポンサーリンク
Pop Culture
スポンサーリンク

こんにちは。散歩路です。ここ数年ですっかり乃木坂46にはまってしまい乃木坂にかんしては立派なオタクになったのですが、欅坂46は「欅って書けない?」を観ている程度。なんとなく興味はあるので「欅坂46メッセージ」で気になるメンバーのトークを片っ端からとってきました。あくまで主観的に、これまで購読したトークの感想をまとめてみました。偏りのある見方になってしまっているかもしれません。が、気になるメンバーがいたら是非ご自分の目で確かめてみてください…!

目次

今泉佑唯

スマホ越しにもテンションの高さが伝わってきて、今日も今泉は元気そうだな、と思えるのがなによりいい。アイドルが元気でいてくれるだけでオタクとしてはうれしい限りだ。自分がトークを取っていたのがちょうど休業していた時期だったので、なんとなく心配になることもあり(まあ心配したところでなにもできないのだけど、だからこそ)そうしたタイミングで彼女からメッセージが来た時の安堵はひとしおだった。卒業してからも元気で健やかにいて欲しい。

織田奈那

朝と夜の挨拶を欠かさずしてくれて、告知もちゃんとやってるのはオダナナらしいというかしっかりしているなと思う。先日の「欅って、書けない?」織田奈那フューチャー回で、人前では涙を見せないが家でひっそり泣いている、みたいなエピソードを紹介されていたけど、それはトークでも同じようであまり突っ込んだ話をしたがらない。結果として少し淡白な印象もあるけど、それが彼女の性格なのだろうし、むしろそうしたそっけなさが愛おしく感じる。

佐藤詩織

同じ欅坂メッセージでもTwitter的なトークもあればブログ的なトークもあり、使い方はメンバーによって千差万別だけど、彼女のトークはなんというか座談会っぽい。座談会というと喩えが悪いかもしれないけど、要はパブリックな一対多の対話ということだ。自分語りとか日々の出来事的な、ある意味独りよがりな自己開示は少なく、むしろ僕らへの励ましとかアドバイスのようなメッセージが多い。彼女のメッセージのなかには僕らの存在が織り込まれていて、何らかの返信のような体裁のメッセージも少なくない。美術の話とか悩みについての考え方とか、僕らに寄り添って丁寧に語ってくれて、それがとても居心地がいい。聞き上手な年上のお姉さん、といった感じ。

長沢菜々香

量がとにかくすごい。このエネルギーがどこから湧いてくるのか本当に謎であったが、単に思考がだだ漏れているだけなのでは、と最近思い直している。着信も多くて、彼女の声が好きだからうれしいと言えばうれしいんだけど、彼女の世界観についていけないことも正直少なくない。気付いたら禅問答のようになっていることは日常茶飯事で、とにかく不条理なことが多いのがなーこワールドである。彼女のスピード感についていく覚悟と体力、気力が重要。

長濱ねる

個人的に一番好きなトーク。世の中には空の青さに気付くアイドルと気付かないアイドルがいて、個人的には前者の方がエモに対する感度が高くて好きなのだけど、そうした意味で長濱ねるはどストライクなアイドルだ。空の表情や季節の移ろいに美を見出して共有してくれる。他のメンバーに比べて風景や雑貨の写真が多いのも、彼女の感度の高さによるものだと思う。また、彼女の鋭敏な感性は外界にだけ発揮されるわけではなくて、それは時折彼女自身にも向けられ、時々の心境を語ってくれる。そこでの筆致もエモーショナルなのだが、それでいて文章は理路整然としているところに彼女の知性を感じる。誰のトークをとろうか迷っている人がいれば最も勧めたいメンバーだ。

原田葵

握手会や節目節目のタイミングで熱のこもったメッセージを送ってくれる。写真を送る際も必ず一言二言メッセージが添えられていて、彼女の真面目な性格が伝わってくる。彼女自身の勉強の話が多くて、アイドルとは別のところで頑張っている姿に少し背筋が伸びる。活動再開が楽しみ。

守屋茜

メッセージの量は多くなく内容自体も結構ドライだが、自撮り率が高めでとにかく「圧倒的なビジュアルで殴る」ストロングスタイル。ただただお美しい。どうよ?!って感じがあかねんっぽくていい。

米谷奈々未

写真というか自撮りがほとんどないのだけど、そういうところを含めて、メッセージの節々に彼女独特の自意識が感じられてとても心をくすぐられる。自虐的なことも多いけど彼女なりに自身の成長を報告してくることもあって、素直になり切れない素直さ、みたいなものがあってやけにエモい。卒業発表の際の「こんな私でごめんなさい」という言葉にも彼女のそういう一面が表れていて、よねさんらしかった。大雑把にいえばネガティブということになるし、必ずしも美点とされることではないかもしれないけど、僕はそんな米谷が好きだったし「こんな私」でいて欲しいと思う。メッセージに話を戻せば、たまにエピソードトークが連投されるのだけど、語り口が絶妙に拙いのも最高に愛おしかった。もともと好きだったけどトークをとってもっと好きになったメンバー。

随時追記していきます!