Billy Cobb – Zerwee 「Weezerがいいアルバムを出すのに待ちくたびれたから…」

スポンサーリンク
Music
スポンサーリンク

「Weezerがいいアルバムをリリースするのに待ちくたびれたから、自分で作ったんだ」

そんなコメントとともにYoutubeにアップされた1本の動画。

あまりに挑戦的なコメントについ身構えてしまうが、一聴すればすぐにただWeezerに喧嘩を売っているだけではないことが分かる。ギターの音作りからコーラスの入れ方まで、初期Weezerへのリスペクトと愛を感じ取れるEPに仕上がっているのだ。

Zerwee Full EP

どこか寂しげで哀愁の漂うパワーポップは初期のWeezerそのもの。たしかにここ数年のWeezerはポップ色を強めていて、ギターが前面に出ていた初期のガレージ感は薄れている印象だ。もちろんそこにはリバース節を感じさせる部分は大いにあるのだけど、純朴な少年がどこかあか抜けてしまったような寂しさがある。初期Weezerの衝撃が忘れられないファンにとって、最近のWeezerの方向性に対して思うところがあったのは否定しがたいのではないだろうか。

Weezer – Zombie Bastards

そんなファンの欲求不満を一挙に解消してしまうのがBilly Cobbの”Zerwee”なのだ。しかしこのEPを作ったBilly Cobbは何者なのだろうか。ここまでクオリティの高い楽曲を聴くとリバースの別名義かとも疑ってしまいたくなるが、Twitterアカウントをみる限り彼はあくまでWeezerの熱心なファンという感じだ。ちなみにTwitterでは彼のWeezerのアルバムランキングも公開している。

Billy Cobbの周辺情報をまとめると、彼が初めて音源をリリースしたのは2016年。それ以降5枚のアルバムと23枚のシングル・EPを公開しておりその多作さが窺われる。

Billy Cobb Full EP

一通り聴いてみたが、他の作品は特別Weezerを意識しているというわけでもないようで、言ってしまえば普通のシンガーソングライターといった印象だ。調べれば調べるほど謎が深まるばかりの存在だが、今後の活動に注目していきたい。

…それにしてもこのジャケットのセンスよ。後ろのオタクの瞳の吸引力が半端ない。日常にこんな状況があったら怖すぎるし、このシチュエーションを作ったカメラマンのセンス歪み過ぎではないか。

Music
スポンサーリンク
感性に入っていこう。