日向坂46メッセージ 個人的レビュー~日向坂編~

スポンサーリンク
Pop Culture
スポンサーリンク

個人的にいま一番興味のあるグループが日向坂46でして。ルックスのレベルの高さは勿論、バラエティ能力も群を抜いているし、日々ドラマが生まれるグループの勢いを感じます。そんな中でメンバー一人ひとりが考えていること、感じていることをリアルタイムに触れることが出来るトークは本当にありがたいです。これまでにいろんなメンバーのトークをつまみ食い的にとってみたので、それぞれの感想を超個人的にまとめてみました。このメンバー気になるけどトークとろうかな…と迷っている方のご参考になれば幸いです。

目次

柿崎芽実

トークは全体的にオーソドックスな話題が多め。量こそ多くないけれど、高瀬や富田など、他のメンバーと戯れているだけで尊い。語尾がたまに猫になったりして、「柿崎芽実」を体感できる。

加藤史帆

メイクの意見を求めたり、逆にレターに対する感謝を述べたり、アイドルとファンという関係を大事にしているのが印象的。いわゆるガチ恋というか、疑似恋愛的な感じでアイドルとファンの壁を切り崩そうとするアイドルもいるけど、彼女は真逆かもしれない。バラエティでの温柔な印象が強かったけど、結構大人な感じで善い。

齊藤京子

100通メッセージをはじめ、自分で企画するプロデュース力とそれをやり通す行動力が素晴らしい。まごうことなき努力の人であり、彼女が報われない世界は間違っている。オタクが求めているものを察知してためらいなくやってくれるあたり、彼女のプロ意識を感じる。アイドルとしてこんなにクレバーなのに、抜けてるところもあるから面白い。

佐々木久美

我らがひらがなのキャプテン。とにかくいつも機嫌がよさそうなのが素晴らしい。それが意識的なものなのか無意識的なものかは分からないけど、いつも変わらず上機嫌でいてくれるというのは簡単なことではないし本当にありがたいことだと思う。アルバムヒット祈願で見せたキャプテンシ―も印象深いけれど、そうしたところ以外にも、普段からの振る舞いとして彼女がグループに資するものは大きいはず。「ハッピーオーラの根源としての佐々木久美」、というのは間違いなくあって、この人がキャプテンで良かったと心から思う。トークでは画像や動画が多く、加藤や高本など、他のメンバーの出演も珍しくない。頻繁に奇行が収められた動画が送られてきて、日向坂の平穏を知ることができる。箱推しの方には是非おすすめしたいメンバー。

高本彩花

動画でお喋りしてくれることが多くて、話し方が本当にかわいい。個人的に彼女が喋ってる途中に笑い出してしまう感じがすごく好きだ。なんでそんなに楽しそうなんだ笑ってくれるんだろう。脳を掴まれる感じのかわいさ。メッセージは質問返しも多め。

金村美玖

ほぼ毎晩着信があるのがすごい。最近安眠できてないな、と感じているオタクはとるべき。穏やかな気持ちで一日を終えられます。あと着信に限らず、手書きのメッセージカードを書いてくれたりとか、とにかく彼女は手間を惜しまないのが凄い。画像やトークの量も少なくなく着信のおかげもあってすごく身近に感じられる。

河田陽菜

ビジュアルに惹かれて購読したのだけど、彼女は予想以上の逸材だった。なにより彼女が魅力的なのは、世界を子供のような無垢さで眺めていること。「最初に歌を歌ったのは誰なのか」といった素朴な疑問を持つこともあれば、「同じ瞬間は二度と訪れない」というような哲学的な思考に至ることもある。彼女自身の体験を通して、デジャヴという概念があることを知る、ということもあった。多分彼女は学校の勉強が得意なタイプではないだろうけど、しかし疑問を持つことを恐れないところに別種の頭の良さを感じる。そしてなにより、彼女が様々な知識を身に付けていく様子はみていて本当に楽しいのだ。彼女のランダムな好奇心の発散が、ある種のアドベンチャーのようなエンターテイメントになっている。彼女も長濱ねると同じく外界に対する感度が高いはずなので、テレビでもその感性を活かして一皮むけて欲しいと思う。

小坂菜緒

あまりにもビジュアルが完成されすぎていて、その人となりを想像することすら難しい感じがあるけど、トークをとることで彼女も僕らと同じ人間なのだと少しは信じられるようになる。でもやっぱりこんなにミステリアスな雰囲気をだしておきながら実はツボが浅い大阪人というのは無理があるのでは、という思いも捨てきれない。彼女のいかにも16歳!って感じの言動を見ると脳が処理しきれなくてバグる感覚があり、もはやそれが心地よくもあったりする。一つ一つのメッセージがすごく新鮮で、いつも自分の数歩先にいる感じがすごくアイドルらしい。

富田鈴花

パリピちゃんの素が知りたくてとってみたら、思っていた以上に普通の子だった。悪い意味でなく。とにかく健全で、ひらがなけやき全体に言えることかもしれないけど、深刻な感じがしないのがいい。「真剣だけど、深刻じゃない」。彼女はこれを体現してくれていて、年下なのに偉いなぁと感心してしまう。「等身大の女の子」でありながら、一方で彼女が悩み迷いながら進んでいく様子はとてもアイドル的で、かっこいい。

渡邉美穂

ネガティブな話が全く出て来なくて、本当にいつもキラキラしている天性のアイドル。たったいまトークを見返していて気付いたくらいには無理をしている感じがなく、さも当たり前かのようにやっているのがすごい。勝手な印象だけど、地でそういう生き方をしているんじゃないかという気がする。正直彼女は一か月トークとった程度では足りないくらい掴みどころがなくて、不思議ちゃんというのとは少し違うんだけど、とにかく得体の知れなさがすごい。 あと早く寝ないといたずらをしかけてくるので、夜更かしをやめたいオタクにもおすすめ。(逆に夜更かししたくなることも多々あるのだけど。)

今後も随時追記していきます