スポンサーリンク
Music

色んな「Stand By Me」のカバーを聴き比べてみた。

数多に映画はあるけれど、いつまでも忘れられない作品。そんなうちの1つが「Stand By Me」だと思う。主人公たちの年齢はは幼い部類だが、青春映画の金字塔として不動の地位を築いたあの作品だ。やはり最も印象深いのはあのエンディングの曲、「Stand By Me」だ。

Pop Culture

北野日奈子1st写真集『空気の色』

私の〈空気の色〉は何色だろう。 北野日奈子について何かを語る際、最早「自分らしさ」という言葉を避けて通ることはできないのではないか。そう思われるくらいに北野日奈子は「自分らしさ」に向き合い続けてきたように思う。
Music

本当にエロ可愛いUS/UKインディー歌手を集めてみた。

よくアイドルが握手券を付けてCDを売ってるのを見て「歌手だろ・・?音楽で勝負しろよ!!」なんて憤ってた事もあるけど、一周まわってアリな気がしてきていた。可愛い子が歌ってるのはグッとくる、でも音楽の表現に真剣(?)なアーティストを堪能してい...
Pop Culture

【ザンビ】第二回「アイドルがゾンビと出会うとき」――ザンビはどんな意味を持ちうるか?【考察】

本連載では「アイドルがゾンビと出会うとき」と題して、ザンビプロジェクトがどのような企画でありうるのか、その可能性を探っている。 前回の記事では、ゾンビがコンテンツの中で果たす役割について考察した。 考...
Pop Culture

【ザンビ】第一回「アイドルがゾンビと出会うとき」――なぜいまゾンビなのか?【考察】

※本記事では一般的なゾンビがコンテンツで担う意味を考察しています。 ザンビの考察はこちらからどうぞ 今夏、乃木坂46による新たな試みとしてザンビプロジェクトの始動が発表された。 現時点でザン...
Pop Culture

欅坂46・日向坂46メッセージ 個人的レビュー ~欅坂編~

※随時更新中※ 欅坂46メッセージアプリで購読してきたメンバーのトークを超個人的にレビューしたので、どのメンバーのトークをとろうか迷っている方は是非参考に。日向坂メンバーのトークも多数購読中。
Music

エモロック入門-今聴くべきおすすめエモバンド4選

今や「エモい」という言葉は当たり前の語彙として世間に浸透しているように思う。 W杯でドイツを破ったチチャリートの涙をみて、「エモすぎる…!!」と叫んだのは僕だけじゃないだろう。 しかしその一方で、「いや、エモいってなんやねん」と...
Foreign Culture

なぜ字幕ナシで映画をみた方が良いのか:3つの理由とともに解説

字幕は、外国語による会話やオブジェクトを理解するために翻訳された文章ですが、私はこの字幕をあえて抜いて洋画を鑑賞する事をオススメしたいと思います。
Introduction

感性に入っていこう。

国立、大学通り。 この街は、お世辞にも東京と名乗っていいのか分からないけれど、なにかシャっと背筋が立たされるような、毅然とした佇まいを持っている。行き交う人も多種多様。背広姿のリーマンも、自転車を転がしながらバカ笑いする大学生も、互いの顔...